旦那に内緒でカードローンを組むことは出来るの?

配偶者にばれる要因

カードローンを組むにあたって配偶者にばれるときとはどのようなときなのでしょうか。
1つ目は配偶者の収入を利用したカードローンを組んだとき、また自分でカードローンを組んだ場合でも、郵送物で知られてしまうことが多いです。
さらに、返済が滞ったときなどにカードローンを提供した会社からの電話でばれてしまうことも。
では、どのようにカードローンを組めば配偶者に知られないのでしょうか。

カードローンの種類

カードローンには、銀行が提供しているものと、貸金業(信販会社や消費者金融)が提供しているものがあります。
銀行と貸金業の大きな違いは法律にあります。銀行は、銀行法にのっとり業務を行っており、貸金業は貸金業法にて業務を行っています。
貸金業法には、総量規制にて、借主個人の借入れ合計額が年収の3分の1以上になってはいけないと定められているのが特徴です。
つまり、収入がない人は貸金業のカードローンの提供を受けることができません。
一方、銀行は銀行法なので総量規制がありません。
厳正な審査の元、返済能力があればカードローンを提供してもらえます。

収入のある主婦の借り入れ

収入がある主婦の借り入れは、審査が通れば銀行、貸金業共に借り入れができます。
ただ、前記したとおり郵便物の管理やスムーズな返済が必要でしょう。

収入のない主婦の借り入れ

収入のない専業主婦の場合、貸金業の提供するカードローンは組むことができません。
なので、銀行からのカードローンを利用しましょう。
銀行は配偶者の収入で借りられますが、そうなると申込み手続きで審査のときに在籍確認があるので、
知られてしまう可能性があります。
しかし、小額で借り入れすれば、銀行でも収入証明書不要でカードローンを組めるサービスがあるので配偶者に知られたくない場合にはおすすめです。
ここでも、郵便物の管理は必須になります。
引用:専業主婦がお金を借りる方法S4|旦那に内緒OKのカードローン

「銀行は総量規制の対象ではありません。
貸金業法は消費者金融などの貸金業者が従う法律で、銀行は銀行法に従います。
そのため貸金業法が関係ない銀行は総量規制の対象外になるのです。

銀行カードローンなら自分自身に収入のない専業主婦でも総量規制対象外のため制限されることなく、借り入れできます。