複数のローンを契約していても審査通過できる

日常生活でお金の必要性を実感した時、それに見合うだけの金銭的余裕がないのであれば消費者金融のローンを活用すると良いでしょう。こう言ったローンにはカードローンやキャッシングといった借り入れ方法がありますが、いずれも申込んだその日に審査が受けられ、なおかつ口座振り込みや個人カードを使ってのATMからの引き出しといった形で融資金を手にすることが可能です。

ただし、これらのローンを利用するにあたっては然るべき申請を行った上で審査をクリアする必要があります。この時、他社からの複数の借り入れを行っていると審査に受かりにくいという声もあるようですが、正確にはこれは違います。その審査の手順から見ていくと、まずは申込内容を精査した上で信用情報機関への照会が行われます。この機関には申請者の過去の借り入れ履歴が全て記録されているので、もしも過去に返済が遅れたり、返済不能に陥って法的手続きを行ったことがあるとブラック情報としてすぐに判別できる仕組みとなっています。

また、信用情報には他社からの借金についてもわかります。消費者金融は総量規制によって年収の3分の1を超える融資を行ってはいけない決まりとなっているので、もしも他社からの借金も含めてこの基準に抵触する状態だと新たな借り入れは難しくなります。

一方、他社からの借り入れがあってもこの総量規制に抵触していなければ複数の借り入れも可能となりますので、まずは現時点での自らの借金総額をきちんと整理するところから借入先を探してみると良いでしょう。