サラ金と闇金の違いとは何か

サラ金とヤミ金は何が違うのか。利用することを前提にして、両者の違いを解説します。
サラ金とは、サラリーマン金融の略称であり、現在の消費者金融のことです。バブル時代にはこの名称が普通でしたが、現在ではややマイルドな呼称に変更されており、法的にもこちらが使われています。
基本的に、銀行等公的な金融機関以外は、民間の会社となります。サラ金、つまり消費者金融は銀行の審査に引っかかってしまっている人でも担保と利子をつけてお金を貸し出す業者です。もちろん法的に厳しい制限があるために、無制限な貸し出しとはいきませんが、クレジットカードを利用した明朗な返済プランや、相談等サービスも充実しているために、銀行よりも頼りにされることがあります。
対して、ヤミ金とは違法な金融業者のことです。存在自体が違法な、素人の金貸しのことであり、背後には暴力団等反社会勢力がついていることが普通です。
サラ金でもお金を借りられなくなってしまった利用者に、無制限にお金を貸してくれるために、一見良心的に見えます。実際、他の業者のカードローンを一度肩代わりして、ヤミ金相手に負債を返済していけるよう間を取り持つ事もあります。しかしこれらは全て利用者を陥れるための罠であり、実体は法外な利息を要求し、破滅に追いやる犯罪組織です。
カードローンは制限があるために窮屈に感じられることもありますが、裏を返せば利用者を守ることにもつながっています。ルールの逸脱は、それだけ身を危険に晒す事を理解しておくべきでしょう。